建具の種類

■框戸(かまちど)

建具の四方が比較的幅の広い木材で枠に組んである建具。この枠で建具の強度を確保する建具で重量感のある建具になる。

■桟戸(さんど)

建具の四方が比較的幅の狭い木材で枠に組んである建具。強度を確保するために内部に細い部材を数多く入れる(組子など)。比較的軽量な建具ができる。

■フラッシュ戸

木材などの心材に両面から合板などを貼り付けて作る建具。シンプルなデザインの建具になるが量産には向いている。

■その他

彫刻欄間(ちょうこくらんま)
伝統的な独特の欄間彫刻模様で、風景・植物・花鳥・人物などが両面に浮出彫りにされる。また、薄板に模様を透かしに切り抜いたものは「透し彫り欄間」といわれる。